月別アーカイブ: 2019年3月

出向先との別れと初めてのフルマラソン

最後の投稿から1年以上も経ちましたが、出向先の地方都市を離れることになりましたので久しぶりに投稿します。

先日、来年度の人事異動が発表されまして、僕は4月からスポーツ庁の本庁に戻ることになりました。東京オリンピック・パラリンピックまで残り500日を切り、スポーツ庁としても本格的な準備に向けて人手が必要なのだと思います。3年前に初めてこの町に来たときは不便な生活環境にカルチャーショックを受け、「早く東京に帰りたい」と思うほどでした。でも、3年も住んでみると、東京にはない自然や文化があって魅力的なところが見えてきて、離れるのが少し寂しいです。

この3年間はマラソン大会の企画・運営を中心に市のスポーツ事業の活性化に取り組みました。ハード面では老朽化した体育館やプールの改修を行うとともに、最新のトレーニングマシーンも購入しました。ソフト面では小中学生の体力を上げるために、富山県で20年くらい行われている「みんなでチャレンジ3015」を参考にした体力向上プログラムを始めました。こういった取り組みの効果が出たかは分かりませんが、町の健康寿命が長くなったようですし、小中学生の体力が初めて全国平均を上回ったようです。スポーツが苦手な僕が、縁もゆかりもなかった地方都市のスポーツ事業を活性化できるなんて驚きです。

市民にスポーツを奨励している立場なので、僕もランニングを始めました。運動をするのはかなり久しぶりで、大きな公園で走っていると女性やご年配の市民ランナーによく抜かれます。でも、「生涯スポーツは自分のペースで無理することなく続けることが大事だ」と仕事で学びましたので、マイペースで走り続けています。

そして、2週間前には初めてフルマラソンを完走しました。地元の大会は運営の仕事で参加できないので、抽選で当たった東京マラソンを選びました。冷たい雨で体が冷えたせいで30km以降は足が動かなくて何度も立ち止まったり、歩いたりしましたが、5時間32分でゴールしました。東京マラソンの日は多くの道路が封鎖されて、地下鉄がかなり混むので、スポーツ庁に異動する前は「なんで東京のど真ん中でマラソンをするんだ?」と思っていました。しかし、実際に走ってみると東京の街並みがよく分かって楽しかったです。

また、地元の大会と同様にランナーやスタッフ、沿道の地域住民が一体になっていると感じました。やっぱりスポーツの力はすごいですね。来年の東京オリンピック・パラリンピックでもこのような感動を生み出せるように4月からの仕事も頑張ります。